設立趣旨


 少子化が叫ばれている中、子どもたちは社会において大切な存在です。

しかし、子どもに対しての虐待や経済的な理由などで、子どもを育てられなくなるケースが少なくありません。

保護者のいない子どもや被虐待児だなど、社会的養護の対象の子どもは、全国に約4万6千人います。

 また、全国の児童相談所における児童虐待に関する相談件数は、児童虐待防止法執行前の平成11年の11,631件に比べ、平成24年度では66,701件と約6倍に増加しています。

かつては、親がいないために児童養護施設などに入っていましたが、現在では親はいるが何らかの理由があり施設に入らざるを得ない子どもが後を絶ちません。とはいえ、施設に暮らす間は十分ではないにしろ法律に守られています。

18歳(措置延長で20歳まで)または15歳(中学校卒業後、高校に進学しない場合)で施設退所する子どもたちに法の後ろ盾はありません。その後の進学の体制やサポート体制も、未だ不十分です。

施設に暮らす子どもたちの支援は勿論必要ですが、施設を退所する子どもたちへの支援は、その後彼らが、人生をあゆんでいくうえでも必要性が高いものとなっています。

 

 児童養護施設や自立援助ホームは、さまざまな事情で、家庭で暮らすことのできない子どもたちを受け入れています。そこに暮らす子ども・若者が自分らしく育っていける社会づくりを目指すとともに、施設に暮らす子ども・若者を排除することなく迎え入れることのできる地域・社会作りを目指します。

 

 児童養護施設や自立援助ホームなどの社会的養護が必要な子どもたちを支援する組織として、はぐくみの杜を支える会を設立し、活動を展開していきたいと考えています。

主な活動


① 児童養護施設と自立援助ホームに暮らす子ども・若者の生活支援

② 児童養護施設と自立援助ホームに暮らす子ども・若者の自立支援

③ 啓発事業及び広報活動

④ 調査研究及び情報収集

⑤ その他目的達成に必要な事業

はぐくみの杜からはばたく子どもたちの支援のために


 理事長  竹内悦子

 

 

2013年9月の2人の入所から始まったはぐくみの杜。2年余りが経過し、今は定員40名の子どもたちが6つのホームで暮らしています。任意団体でスタートしたはぐくみの杜を支える会は、2015年9月にNPO法人になり新たな歩みを始めています。

 支える会ははぐくみの杜に暮らす子どもたちが、癒され、安心して暮らせる環境と、豊かな生活体験ができる様、多くの皆様からの会費や寄付をもとに支援をしています。

1年目、2年目にボランティアを募集し、研修の後、16人が登録して食事作り、あそび、草取りや環境整備などの活動をしています。この2年間は主に生活支援をしてきましたが、2017年春には現在高校2年生の1名が高校を卒業し社会にはばたくことになります。また、15歳から20歳までの親と暮らせない若者の自立を支援する自立援助ホーム「人力舎」も合わせて応援していきます。

 

 親の支援を受けられない若者が独り立ちするためには、様々なハードルがありますが、自立するためにはお金だけでない様々な支援も必要なのだという思いが強くなっています。

 来年度以降、はぐくみの杜を巣立つ子どもたちにどの様な支援をしていけばいいのか、その基準づくりに取り組み始めました。

 一人一人の思いを受け止め、きめの細かい支援ができるように進めていきたいと思います。

 

組織概要


団体名       特定非営利法人 はぐくみの杜を支える会

所在地       〒299-1104 千葉県君津市糠田64番地

 

団体設立日     2015年9月 特定非営利法人

役 員

 

理事長           竹内 悦子

副理事長          山本 百合

理事            牧野 昌子

理事            佐々部 憲子

理事            関口 牧江

理事            唐澤 節子

理事            並木 道代

理事            林田 光博

理事            久保 貴子

理事            松本 千春

監事            庄    妙子

 

ダウンロード
特定非営利法人はぐくみの杜を支える会定款
支える会定款.doc.pdf
PDFファイル 279.2 KB

ダウンロード
はぐくみの杜を支える会リーフレット
リーフレット.pdf
PDFファイル 310.6 KB



お問い合わせフォーム